メタボリックシンドローム

脂質異常症、高血圧、高血糖

尿酸値が高くなるほどにそれだけ激痛である痛風が起こりやすくなります。そのために、より一層の食事管理や運動、そして飲み薬のアロプリノールなどの服用を意識しなくてはいけません。

 

しかし、尿酸値が高いことで起こるのは痛風だけではありません。最近注目されるようになったのがメタボリックシンドロームです。

 

メタボリックシンドロームのことをメタボとも呼ばれますが、これは内臓脂肪型肥満に加えて、脂質異常症、高血圧、高血糖の3つの打ちいずれか2つ以上を併せ持つ状態を言います。

 

体型としては、肥満であり、体の土の部分に脂肪が作りにより皮下脂肪肥満と内臓脂肪肥満型の2つのタイプが有ります。つまめる脂肪は皮下脂肪、目で見てもすぐに蓄積しているのがわかりづらいのが内臓脂肪になりますが、一般の人がなかなか判断はできません。ただし、病院などの血液検査をすることですぐに判断することができます。

 

症状として太るくらいならと考える人もいますが、血圧が高め、血糖が高めという予備軍に入ると、さまざまな病気になりやすくなります。その中の一つに痛風が加わりますが、他にも糖尿病や心臓病、脳などさまざまな病気に関わるおそれがあるために、尿酸値を正常にもどすこと、そして維持させることは大切です。

 

メタボの診察には内臓脂肪の蓄積が必須条件であり、血圧、血糖、脂質のうち2つ以上が基準値となります。尿酸血症はメタボの診断基準に含まれませんが、内臓脂肪の蓄積状況を知るための目安とされています。

 

尿酸値の飲みが高い場合、生活習慣を改善するだけで尿酸値を下げられる可能性があり、これによってメタボの予防にもつながりますので、毎日の生活環境をどれだけ意識できるのかが重要になりますね。

 

 

上部へもどる