酒と薬の関係

アロプリノール,酒,量

アロプリノールを服用するときは、食後に水と一緒に服用することを心がけたい所です。水と薬を服用することで、飲みやすさにつながりますが、水が薬をコーティングするために、最大限に効果を発揮してくれます。

 

しかし、同じ飲み物でも「酒」と一緒にアロプリノールを服用すると副作用が起こる可能性がでてきます。少し昔の話ですが、睡眠薬と大量の酒を服用した患者が無くなるということがありました。お酒に酔って薬の作用が増強されたことが痛ましい結果につながったそうです。

 

どうしてお酒と薬を一緒に服用することで発症するかと言うと、血行が活発になったり、血中濃度が上昇するからです。酒の種類や薬により異なりますが、ひどい場合には死亡することにつながるため、水と一緒に服用すること。

 

どうしてもアロプリノールは長期間にわたり服用するため、しっかり計画を立ててから服用したい所です。せっかく酒や肉、ストレスなどで高くなった尿酸を抑えてくれる薬ですが、服用を間違えることで、副作用につながってしまうため、心がけたい所です。

 

 

上部へもどる