痛みをやわらげるために徐々に

痛風発作に注意

私の場合は、痛風は未経験で、高尿酸値血症が原因でアロプリノールを服用しています。話を聞くと痛風発作はかなり苦しいそうです。そのために、アロプリノールなど専用の薬を服用するのですが、すぐに痛みが和らぐわけではないそうで、むしろ逆に痛みが増幅するそうです。

 

そのために、開始時には少量を服用し、そこから徐々に量を増やすことが重要だそうです。これは尿酸値の急激な低下により、肝臓への負担を避けるのと同時に、痛風発作を起こしたことのある人が、発作を再発させる危険因子を低下させるためだそうです。

 

不思議なもので、痛風の痛みは尿酸値が急激に減ることで痛みが増幅するそうです・・・。そのために、アロプリノールなど尿酸降下薬を服用するときは量を少なくして、危険性を低下させることに心掛けることが重要になるそうです。

 

一般的には50mg、100mgですが、少量だと10mgで、発作を最小限に減らし、徐々に痛みを減らしていく。なので、即効性はないということになります。関節の組織に蓄積していた尿酸の決勝が、尿酸値の低下によりはがれることで、徐々に関節空内に入って、炎症を起こすためとされているそうです。

 

かなり最初はつらいと思いますが、先々のことを考えると薬の服用は重要だと思います。そして、痛みが改善されても、薬の服用は続けることで再発を防ぐことができます。

 

服用すると、逆に痛みが増すそうです。

 

 

上部へもどる