痛風の他に高尿酸血症に効果

アロプリノールの効果

アロプリノールは成分名で、製品名として「ザイロリック、リボール」など何種類か販売しています。

 

アロプリノールの効果として、簡単にいうと尿酸の数値を減らしてくれる薬です。そのために、「痛風や高尿酸血症」などに効果を発揮してくれるわけですね。

 

遺伝や肥満、ストレスなど、様々なことが関係し尿酸の量が増えることでおこる病気、この時にアロプリノールが含まれている薬(50mg、100mg)を服用することで、プリン体の過程を抑えます。

 

食べ物やアルコールなど、プリン体が含まれている食品を体内に吸収することで、ヒポキサンチンに変わり、そこからキサンチンとなり生成され尿酸になります。このアロプリノールの役割としては、ヒポキサンチンから尿酸への代謝を抑制してくれる効果があります。

 

すると、尿酸の量を減らし、高尿酸血症や痛風を改善、予防してくれるわけです。それ以外にも尿路結石を合併している人にも効果があるとされ、痛風関節炎や痛風結節にも利用されています。

 

 

上部へもどる