肝臓とアルコールの関係

プリン体の含む優良とアルコール

よく耳にするのが「ビールにはプリン体がたくさん含まれている」。そのために、ビールをたくさん飲むことで痛風になりやすいと効きますが、実は、肥満とともに尿酸値の上昇に関係するのはプリン体よりもアルコールです。

 

基本的に食べ物にはプリン体と関係してきますが、全体を比較するとビールは他の食品と比べて少ない方です。しかも、ビールの場合は吸収率が高いために、プリン体になっても、尿酸の数値を高めることはそこまでないとされます。では、プリン体が少なければいいかと言うとそういうわけではなく、関係してくるのがアルコールです。

 

ビールや、焼酎、赤ワインなど、毎日のように飲むことで、体内で吸収され、これがアルコールに変わり、肝臓で解読されます。すると尿酸の元となるATPが多く分解されてしまいます。実は、これが尿酸の生成を促進させてしまうんですね。すると、尿酸の尿からの排泄が悪くなり、結果的に痛風の原因である尿酸値が高くなってしまうわけです。

 

なので、よく耳にする「ビールにはプリン体がたくさん含まれている」と言うことよりも、アルコールと肝臓が関係し、間接的に尿酸の流れが悪化することで、痛風や高尿酸血症に関わってきます。

 

 

上部へもどる