尿酸値とプリン体の関係

プリン体と酒の肴の関係について

アルコールを吸収し過ぎることで、どうしてもプリン体が高くなってしまいます。これはわかっていることなんですが、普段からの食生活をどれだけ意識できる方重要です。

 

プリン体をたくさん吸収することで尿酸値が高くなりますが、そのために、アロプリノールなどの痛風の薬を服用します。しかし、薬を服用すれば、アルコールやプリン体が含んだ食品を食べてもいいかというとそういうことではありません。

 

食生活の中での意識は常に持つことは重要であり、尿酸値とともに、健康的な体を維持させるために、プリン体の少ない食生活は大切です。

 

尿酸値の高い人はすでに痛風発作を起こしたことのある人は、なにはともあれ、飲酒量を減らす、または辞めることがこれから先の健康につながります。

 

そして、アルコールだけでなく、酒の肴として何を食べるかについても気を配ることがすごく大切になります。

 

たとえば、酒の肴の中で
冷やしトマト、ほうれん草、冷奴、枝豆などを利用しているひとが多いと思いますが、この選択肢は正しい選び方で、プリン体がほとんど含まれていません。

 

逆に、プリン体が多いのが、
レバーの焼き鳥、もつの煮込み、いくら、たらこ、イワシ、まぐろ、カツオなどの刺し身です。

 

ビールや焼酎を飲みながら、このようなプリン体の多い酒の肴を食べていたら、アロプリノールなどの薬など関係なくすぐに尿酸値が高まります。

 

体のこと、健康のことを考えたら、尿酸値に繋がることを意識したいものです。

 

 

上部へもどる